セーフマインドの記事一覧

  • 会社が従業員を働かせることが出来る労働時間は原則として1週間で40時間でかつ1日8時間までとなっています。 そして、時間外労働、休日出勤、深夜労働などによって発生する割増賃金を死ハタわな買った場合には6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処されるということがあります。 …

  • 離婚問題のついて

    日本では離婚する際に必ず裁判所をとおす必要がなく競技によって離婚することが可能です。また、離婚する夫婦の多くは裁判所を通さずに離婚を行っています。 しかし、離婚を求める場合や求められている場合には裁判となった場合、裁判所が離婚判決を出すかどうかの見通しを末ということはあるか…

  • 社員の給料から弁償代を天引き

    運送会社と関連会社の元社員とアルバイトの男性12人(20代~30代)が引越し作業で生じた弁償代を従業員に負担させることは違法であるとして2社を相手取って支払った弁償金や不当に減額された7000万円を求める訴訟が行われたという判例です。 労働基準法では通貨払いの原則、直接払い…

  • チョコをあげただけで違法になってしまう

    兵庫県三木市議会の副議長(52)が市内の支援者21人にバレンタインデーのチョコを配り、この行為が公職選挙法が禁じている寄付行為にあたる恐れがあるとして、警察が事実関係の調査を開始したということがあったようです。 公職選挙法は1950(昭和25年)に新法として制定されたもので…

  • 拾ったお金をとってしまうと積荷なってしまう

    2014年8月茨城県小美玉市内のスーパー敷地内にある電話ボックスから現金100万円が見つかり、開店前の清掃作業をしていた従業員が発見し、翌日に報告を受けた店長が110番通報をおこなったということがありました。 遺失物法では染みやかに遺失物を遺失者に反感し、又は検察署長に提出…

  • リベンジポルノの犯罪例

    元交際相手の女性二交際を続けなければ写真をばらまくなどとおどした無職の男を逮捕しました。アメリカでは2013年にリベンジポルノ非合法化法が施工されており、日本にはまだ取り締まる法律はありません。 このような例ですとどのような犯罪が成立するのかといいますと強要罪で3年以下の懲役と…

  • 自転車のひき逃げの事例

    自転車同士の衝突事故によって相手にケガを負わせてしまったが、それを放置して走り去ったとして大阪府警高石署は府内の女子大生を重過失障害と道路交通法違反(ひき逃げ)の容疑が課せられました。 女子大生は通学で急いでいた自転車の事故なのでお互い様とおもって立ち去ってしまったと供述し…

  • 客への弁償代を天引きすることは違法

    運送会社と関連会社の元社員とアルバイトの男性12人が引越し作業で生じた弁償金を作業員に負担させることは違法であると2社を相手取り夷支払った弁償金や不当に減額された賃金など7000円をもとめる訴訟を起こした訴訟です。 使用者は、労働者に対して有する損害賠償請求権と賃金支払い義…

  • マンションから者を投げ落とすと犯罪になってしまう

    川崎市中原区の高層マンションから東急東横線の線路内など地上に向けて生卵を投げつけたとして、住人である大学生が軽犯罪法違反(危険物投注)の疑いで書類送検されました。 相当の中位をしないで他人の身体又は物件に害を及ぼす虜のある場所に物を投げ、注ぎ、又は発射したものは拘留又は科料…

  • 無断でツイッターに写真投稿すると罪になってしまう

    札幌市の手稲署は、列車内で眠っていた障害のある女性の画像をツイッターにとうこうしたとして札幌市の高校2年生の女性生徒を侮辱容疑で書類送検したという事件についてです。 女子生徒は札幌祖納を走行中のJR函館線の普通列車内で、寝ていた女性をスマートフォンで無断撮影を行い、誹謗中傷…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る