知っトクな法律

  • ストーカー規制法

    最近、SNSのストーカー規制法が改正されましたよね。 ストーカーをすることで事件がいくつかあったからでしょう。 拒否しているのに、何回もメッセージ送ってきたりする人もいるようですので、された側の人はショックを受けますよね。 以前は、電子メールによるストーカーだけでの適用…

  • 弁護士の業務

    弁護士は法律に関わる仕事をしているのは皆様がご存知のことだと思いますが、今回はそんな弁護士の細かい業務内容についてもご紹介したいと思います。 弁護士と聞いてまず思い浮かぶのは裁判に立っている姿を思い浮かべる方も多く、もちろんそれも弁護士の業務の大切な1つです。 しかし、も…

  • 離婚時の子供の親権はどう決まる?

    離婚をする時に争われることの多いのが子供の親権です。 親権者を決める場合には基本的には話し合いが行なわれ、夫が親権を持つのか妻が親権を持つのかが決まります。 話し合いがスムーズに進めばそこで決定された通りの親権が決まりますが、問題なのが決まらない場合です。 当事者同士の…

  • お酒の一気飲み強要は罪?

    サークルの先輩などから無理矢理お酒を飲まされた結果、救急車に運ばれ入院する必要が出てしまった場合、無理に飲ませた先輩に責任を取ってもらうことは出来るのでしょうか。 これはケースによって責任をとってもらえるかどうかが変わってきます。 例えば先輩が後輩がお酒が飲めない、または…

  • 意外と知らない?日常で起こりうる法律違反とは

    普段の生活の中で、意外と知られていない法律違反がありますので、トラブルに巻き込まれないためにも知っておきましょう。 外国では、並んでいる列に割り込みをする光景は日常茶飯事のようですが、日本では、行列に割り込むと軽犯罪法違反になり、拘留か科料が課せられますので、もし割り込みを…

  • 懲戒解雇に当たる事柄

    能力不足や成績不良を理由に従業員を懲戒解雇できるかどうかという点ですが、もし理由がこれらのみというのなら一般的な解雇事由に当てはまらないと考えられます。 例え能力が平均よりも低い従業員であっても、会社側はその従業員を別の部署に移したり、職務を変更したり、成績が関係の無い部署…

  • セクハラ問題について

    セクハラ行為か否かは一般的な感受性を下に、その行為が不快に思われるか否かで決められます。 加害者がコミュニケーションの一環で行なったとしても、受け手にとって不快に感じたのであればそれはセクハラ行為として認められてしまうのです。 会社がセクハラに対する対応システムをしっかり…

  • 弁護士費用を加害者に請求できる?

    例えば交通事故で示談がまとまらずに裁判となってしまった時、弁護士に依頼する必要が出てきます。 弁護士費用は交通事故に限り、裁判所が交通事故の賠償金として認めた金額の1割程度分なら請求が可能です。 これは実際にかかった弁護士費用がいくらであっても1割程度の請求となるので、そ…

  • パートとアルバイトの違い

    労働者としての契約には正社員、契約社員、パート、アルバイトなど様々な種類がありますが、これらはどういった違いがあるのでしょうか。 パートやアルバイトと聞いて感じる印象と言えば、パートは主婦、アルバイトは学生というようなぼんやりとしたものしか無いと思います。 実は労働基準法…

  • モラハラ被害でまず行なうべきこと

    モラハラとはモラルハラスメントの略称で、殴る・蹴るというような身体的な暴力ではなく、言葉や態度で精神的に人を傷付ける暴力とされています。 もし被害者として思い当たる節があるのなら、まずは1人で悩まずにモラハラ被害に詳しい専門家に相談してください。 その後の対応を考えると、…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る