知っトクな法律

  • 子供が起こした事故の賠償

    未成年のお子様が起こした事故、例えば学校で同級生を殴ってしまったり、物を壊してしまったりということがあると損害賠償請求されることもありますが、これを負担するのは一体誰なのでしょうか。 まず考えられるのはお子様本人ですが、善悪の判断が正しく出来ない可能性もあることが法律でも加…

  • コンサートチケットの転売は違法?

    オークションや格安チケット販売・交換サイトでコンサートチケットを販売しているという方もいるのではないでしょうか。 しかしアイドルのコンサートチケットを高値で販売した女性が、約1000万円の売上を得た疑いで古物営業法違反にあたるとして逮捕されました。 チケットの転売行為につ…

  • 求人票に書いてはいけない事

    ハローワークやリクルート系へ求人情報を掲載したいという時に、年齢や性別を指定して出来るだけ求めている条件の人材からの応募が欲しいと思ってしまいますが、それを求人票に記載する事は法律で禁止されています。 雇用対策法により年齢が、そして男女雇用機会均等法により性別の指定はできないこ…

  • 民事再生の方法

    借金が膨れ上がってしまいもうどうしようもなくなってしまったという場合には、裁判所に民事再生の申し立てをするという方法があります。 民事再生をすると住宅ローンがある場合には原則そのまま変わらない条件で支払っていく事になり、それ以外の借金については原則4/5が免除、残りの1/5…

  • 弁護士に相談したら依頼しないといけない?

    法律相談はどの弁護士事務所でも行なっていますが、そうしたサービスを利用した場合には必ずその弁護士に依頼をしなければならないのかと言うとそうではありません。 法律相談と事件の処理の依頼は別の手続きですので、相談をしただけでは正式な契約にならないので安心してください。 そのた…

  • 交通事故の慰謝料の相場ってあるの?

    交通事故の慰謝料は死亡事故になってしまったかどうか、後遺障害が残ってしまったか、完治しているかというように、その事故の状況に応じて変わってきます。 裁判の基準としては家族の立場によって考えられており、例えばその一家を支えていた大黒柱が事故によって亡くなってしまったという場合…

  • 債務整理をすれば債権者から請求されない?

    弁護士に相談し債務整理を行なった場合、その後債権者からの取りたてや請求は行なわれるのでしょうか? 答えはNOで、弁護士からの「受任通知」を受けている債権者は債務者への自宅へ赴き取りたてを行なったり電話などで連絡をする事は禁止されています。 またこの禁止は規定にも定められて…

  • ナンバープレートの法改正

    2016年4月1日からナンバープレートの違反基準についての新しい基準が適用されています。 どう変わっていったか大きく分けて3つに分けられるので、今回はそれをご紹介致します。 まず1つ目は、ファッション感覚で付けていた人も多いであろう、ナンバープレートのカバーが完全に禁止に…

  • 火災保険と失火法

    普段あまり聞き慣れない言葉ですが、火災保険と大きな関係がある法律として「失火法」が挙げられます。 自宅で火災が発生した場合、その火災が原因で近隣の家屋に被害が及んでしまった場合は刑法によって賠償の責任が科せられます。 しかし火災による事故の場合は、この出火元に重大な過失や故意…

  • 埼玉弁護士会

    埼玉弁護士会では、夜間の相談を実施しています。 へ実の月曜から金曜までの祝日を除く午後7時から午後9時までが相談の時間です。 午後3時までに電話をすればその日の夜に相談する事が可能です。 相談枠は30分45分60分があります。 法律問題では、早期の予防や発見や早期の対策が…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る