刑法

  • 会社経営者の法的責任

    会社が破産してしまった場合の代表者・経営者の法的責任や処理について解説されています。 原則として、代表者は会社の債務について支払いをする責任はありません。個人は個人、法人は法人と法人格がちがっていますので、法人が負担した債務は法人が支払うのが原則となっています。 しか…

  • カンニングは犯罪になるのか?

    兵庫県警捜査一課などはドライバーの勤務状況や安全運転などを指導・監督する運行管理者の資格試験で集団カンニングをしたとして、同県姫路市の運送会社社員の男9人を偽計業務妨害容疑で書類送検した事件がありました。 公益財団法人運行管理者試験センターが主宰している資格試験で終了時刻前…

  • いたずらでも他人の物を壊したら罪になるのか

    他人のものを損壊させた場合には器物損壊罪に課せられることがあり、3年以下の懲役または30万円以下の罰金もしくは科料となります。器物損壊罪は親告罪ですので、被害者が告訴しない限りは罪には問われないということになります。 ですので、子供が物を壊してしまったが、大人はばあいによっ…

  • SNSでのストーカーはどこまで!

    ストーカー行為やつきまとい好意は法律の抜け穴が多いのが現状となっており、法律が社会の実態に追いついていない状態になっています。 ストーカー規正法は1999年に起きた桶川ストーカー殺人事件をきっかけに制定されました。 ストーカー待ち伏せや尾行、無言電話、連続した電話、FAX…

最近のコメント

    ページ上部へ戻る