記事の詳細

せっかく用意した遺言書が効力が無いものだったとなってしまったらご遺族も、遺言書を残した本人も悲しいですよね。
今回はそんなことが起こらないように、効力のある遺言書の書き方や遺言書の種類についてご説明します。

まず遺言書には自筆証書遺言と公正証書遺言の2種類がありますが、前者の自筆証書遺言というのは形式が整っていない場合無効になってしまいます。
その形式要件というのは、遺言の全文を遺言者が手書きで書くという事、そして作成年月日を省略等せずに細かく記載する、印鑑の押印、一つの遺言書に対して一人分の遺言であることが挙げられます。
遺言者が全ての文章を手書きで書くというのは非常に重要で、一部だけでもパソコンで書く、他人に書いて貰うという事をしてしまうと、それだけで全てが無効になってしまいます。

公正証書遺言については、公証人役場で作成されるため要件が整っていないという事は滅多にありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る