記事の詳細

モラハラとはモラルハラスメントの略称で、殴る・蹴るというような身体的な暴力ではなく、言葉や態度で精神的に人を傷付ける暴力とされています。

もし被害者として思い当たる節があるのなら、まずは1人で悩まずにモラハラ被害に詳しい専門家に相談してください。
その後の対応を考えると、出来る限りモラハラ問題に詳しい弁護士に相談するのがおすすめです。
また夫婦間のモラハラ問題である場合、特に離婚や親権、養育費などの更なる法的知識が関わってきます。

日本ではモラハラは家庭内で起こることという認識が強いのですが、職場でのモラハラも問題になっていますので、家庭内・職場関係なく精神的にキツいと感じたら専門家に相談しましょう。

そして大切なのが加害者と物理的に距離を置くことで、家庭なら別居、職場なら今後の生活設計を見通しつつ休職・退職し、まずは心と体の健康を取り戻すことが大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る