記事の詳細

労働者としての契約には正社員、契約社員、パート、アルバイトなど様々な種類がありますが、これらはどういった違いがあるのでしょうか。

パートやアルバイトと聞いて感じる印象と言えば、パートは主婦、アルバイトは学生というようなぼんやりとしたものしか無いと思います。
実は労働基準法ではパートやアルバイトの違いはなく、「パート」「アルバイト」という呼び方は世間一般に通用するように作られたものなのです。

では法律ではどういった基準で労働者を分類しているかというと、大きく分けて「契約期間の有無」「勤務時間」の2つの基準があります。
契約期間の定めが無いのなら定年のことや、再雇用のことについても考える必要がありますし、契約期間があるのなら更新の回数や更新の有無などを労働契約書に記載しなければなりません。

勤務時間については、所定労働時間勤務するのなら無条件で社会保険や雇用保険に加入させなければなりませんが、短期時間勤務者ならその労働者が学生だったり主婦だったりというような身分に応じて決まってきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る