記事の詳細

例えば交通事故で示談がまとまらずに裁判となってしまった時、弁護士に依頼する必要が出てきます。
弁護士費用は交通事故に限り、裁判所が交通事故の賠償金として認めた金額の1割程度分なら請求が可能です。

これは実際にかかった弁護士費用がいくらであっても1割程度の請求となるので、それ以上の弁護士費用がかかっていたとしても、結果的に弁護士費用の全額を加害者に請求することはできません。
また、訴訟費用と弁護士費用が同じと考えている人もいますが、両者は別ものですので注意しましょう。

このように場合によっては弁護士費用の方が高くかかってしまう場合もあるのですが、その辺りは実際に弁護士に相談すると損か得かを教えてくれるので、無料相談などをうまく利用してみてください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る