記事の詳細

セクハラ行為か否かは一般的な感受性を下に、その行為が不快に思われるか否かで決められます。
加害者がコミュニケーションの一環で行なったとしても、受け手にとって不快に感じたのであればそれはセクハラ行為として認められてしまうのです。

会社がセクハラに対する対応システムをしっかり確立しているかが重要で、特にその明確が無いのならもし社内でセクハラが発生した時に会社が使用者責任を問うことになります。

会社側でセクハラ対策法を確立する時、まず必要なのは現在の職場での実態把握です。
社員がセクハラについてどの程度の意識を持っているのか、どういった意見を持っているのかはセクハラに対する方針を決める上で非常に重要な資料となるでしょう。
セクハラに対する方針の明確化が出来たら、次に社員へ啓発を行ないます。

万が一セクハラが発生してしまったときの為に、相談体制や対応部署の選定・対応手順などを明確にしておくことも大切です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る