記事の詳細

離婚をする時に争われることの多いのが子供の親権です。
親権者を決める場合には基本的には話し合いが行なわれ、夫が親権を持つのか妻が親権を持つのかが決まります。
話し合いがスムーズに進めばそこで決定された通りの親権が決まりますが、問題なのが決まらない場合です。

当事者同士の話し合いで決まらない時には、家庭裁判所に親権者指定の調停・審判を起こして家庭裁判所の中で話し合いとなりますが、ここでも話しがまとまらない場合には訴訟を起こし、その中で裁判所が親権者を決めることになります。

親権者を決定する要素として、子供にとってどちらが親権者になるのが良いのかが最も考慮されます。
例えば親の仕事や経済状況、子供と一緒に過ごす時間があるのかどうか、そして子供の年齢や性別、どちらの親と結びつきが強いかどうかも判断材料で、子供が15歳以上ならば、子供の意見も優先的に考慮されることになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る