記事の詳細

自動運転車は多くのメーカーが開発に力を入れていますが、日本の法律的に自動運転車はどのような立ち位置になるのでしょうか。

道路交通法では運転者はハンドルやブレーキなどの装置を確実に操作する義務があり、人に危害を与えるような運転をしてはいけないと定めています。
これは自動運転車であっても同じで、運転が自動であっても、運転者はハンドルとブレーキをすぐに操作出来るようにしていなければなりません。
これだとあまり自動運転の意味が無いように思いますが、完全な自動運転を実現する為にはこの道路交通法の改正が必要になるのです。

また、道路運送車両法では、国土交通省令で定める基準に合致していなければ運行してはいけないと定められていますので、こちらの改正も必要になる可能性が高いです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る