記事の詳細

弁護士は法律に関わる仕事をしているのは皆様がご存知のことだと思いますが、今回はそんな弁護士の細かい業務内容についてもご紹介したいと思います。

弁護士と聞いてまず思い浮かぶのは裁判に立っている姿を思い浮かべる方も多く、もちろんそれも弁護士の業務の大切な1つです。
しかし、もう少し細かいところまで弁護士の業務を紐解くと、「予防法務」と「紛争法務」の2つの業務に分けられます。

最終的に裁判にならないように契約をこうしておこう、こういう規定を作っておこうというようなものが予防法務、先ほど挙げた裁判やその直前の交渉などは紛争法務となります。
つまり弁護士の仕事は揉め事が起きる前であっても、置きてしまった後であっても法律に関わっていればそれは弁護士の仕事になるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る