記事の詳細

苦情電話を装ってコールセンターから言葉巧みに顧客情報を不正に取得し、不正競争防止法違反の疑いで逮捕されたということが有ります。

不正競争防止法違反とは企業が秘密に管理している製造技術や販売マニュアルや顧客名簿などを持ち出して独立や転売したり不正に取得する行為などをおこないます。

顧客情報を漏らしてしまった会社の職員は犯罪になってしまうかということですが、不正競争防止法は恋に個人情報を流出させた場合に課せられるものとなっていますので、今回の場合には職員は故意に流出させては居ませんので、罪に問われてしまうことはありません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る