記事の詳細

ストーカー行為やつきまとい好意は法律の抜け穴が多いのが現状となっており、法律が社会の実態に追いついていない状態になっています。

ストーカー規正法は1999年に起きた桶川ストーカー殺人事件をきっかけに制定されました。
ストーカー待ち伏せや尾行、無言電話、連続した電話、FAX、電子メールや面会や交際等の要求、わいせつな写真や文章などの送付、公表などで違反した場合には6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金となります。

電子メールが追加で規定されたがLINEやツイッターなどでもSNSは依然として対象外という問題が有ります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る