記事の詳細

後輪にブレーキがついていない競技用自転車、ピストバイクを運転したとして道路交通法違反(制動装置不良)で摘発したという事件がありました。

出頭要請を7回にわたり無視をして逮捕されましたが、法律を犯して出頭要請を断りますとこの人は逃げる可能性があると判断されてしまいますので、出頭要請がきましたら応じたほうがよいとされています。

道路交通法施工規則第9条の3により増すと前輪及び後輪を制動すること、乾燥した平坦な舗装道路において制動所速度が10キロメートル毎時のとき、制動装置の捜査を開始した場所から3メートル以内の距離で円滑に自動車を停止させる性能を有するとされています。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る