記事の詳細

会社が破産してしまった場合の代表者・経営者の法的責任や処理について解説されています。

原則として、代表者は会社の債務について支払いをする責任はありません。個人は個人、法人は法人と法人格がちがっていますので、法人が負担した債務は法人が支払うのが原則となっています。

しかし、会社の連帯保証人をしている場合には、代表者は会社が破産となってしまった場合でも債務を逃れることは出来なくなります。
会社の破産申し立てと同時に代表者個人にも破産申したてをするのが通常となります。
会社と同じ破産管財人が選任されて、会社の財産の換価と像時に個人の資産も換価されていくことになります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る