記事の詳細

会話の内容を録音した動画について有名であるのがヒカルさんが公開した祭りくじの動画についてということになりますが、いろいろなことで会話の内容が公開されています。

例として架空請求業者のやり取りを録音した動画は最近ではかなりの数が上げられていることかと思います。また某議員のやりとりなども会話を録音しているということになります。

結論としては刑事責任というのは基本的に負うことあないようです。しかし、民事責任嗚場合には損害賠償責任を負ってしまう可能性があるようです。しかし、いずれの場合も三番に発展する可能性は低いとの見解です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る