記事の詳細

川崎市中原区の高層マンションから東急東横線の線路内など地上に向けて生卵を投げつけたとして、住人である大学生が軽犯罪法違反(危険物投注)の疑いで書類送検されました。

相当の中位をしないで他人の身体又は物件に害を及ぼす虜のある場所に物を投げ、注ぎ、又は発射したものは拘留又は科料に処するとあります。
暴行を加えたものが人に傷害するに至らなかったときは2年以下の懲役もしくは30万円以下の罰金又は拘留もしくは科料となります。

暴行罪である場合には人の体に向けられた場合には故意によるものであったか等も大きなポイントとなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る