記事の詳細

運送会社と関連会社の元社員とアルバイトの男性12人が引越し作業で生じた弁償金を作業員に負担させることは違法であると2社を相手取り夷支払った弁償金や不当に減額された賃金など7000円をもとめる訴訟を起こした訴訟です。

使用者は、労働者に対して有する損害賠償請求権と賃金支払い義務を相殺することができるのかということについてが争点となります。

過去の判例では労働者の賃金債権に対しては使用者は酔う同社に対して有する債権をもって相殺することは許されないということで、その債権が不法行為を原因とすることであっても同様であるとのことです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る