記事の詳細

2014年8月茨城県小美玉市内のスーパー敷地内にある電話ボックスから現金100万円が見つかり、開店前の清掃作業をしていた従業員が発見し、翌日に報告を受けた店長が110番通報をおこなったということがありました。

遺失物法では染みやかに遺失物を遺失者に反感し、又は検察署長に提出しなければならない、物件及び犯罪の班員が占有している部件は速やかに警察署長に提出しなければならないという法があります。

その法律が有りますので、落ちて居たとしてもそれを変換、又は届け出ないで持ち帰ったりしてしまいますと積荷なってしまいますので、必ずどちらかの対応をしなければなりません。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る