記事の詳細

運送会社と関連会社の元社員とアルバイトの男性12人(20代~30代)が引越し作業で生じた弁償代を従業員に負担させることは違法であるとして2社を相手取って支払った弁償金や不当に減額された7000万円を求める訴訟が行われたという判例です。

労働基準法では通貨払いの原則、直接払いの原則、全額払いの原則、毎月1回以上支払いの原則、一定期日払いの原則の5つの原則があり、これに違反しますと、30万以下の罰金となります。

使用者は労働者に対して有する損害賠償請求権として賃金支払い義務を相殺することができるかということについて過去の判例についてはそれは許されないとの見解です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る