記事の詳細

会社が従業員を働かせることが出来る労働時間は原則として1週間で40時間でかつ1日8時間までとなっています。
そして、時間外労働、休日出勤、深夜労働などによって発生する割増賃金をしはらわなかった場合には6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の罰金に処されるということがあります。

朝型勤務の残業代が認められるケースは朝型勤務の残業代が認められるケースで朝型勤務が業務命令の場合や掃除、着替え、点呼、準備などのための朝出勤などの場合なども時間外出勤として該当するとのことです。

また、研修や勉強会などに関しても時間外労働にふくまれる業務と見なされます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る