記事の詳細

例えば交通事故の被害者が加害者が損害賠償請求をする場合、被害者の弁護士費用は原則として被害者が負担することになります。
弁護士事務所の多くが、事件を受任した時の着手金、事件解決時の成功報酬金を支払う形式となっています。

通常の事件についてはこれらの着手金、成功報酬金は全て自腹ですが、交通事故の場合には、依頼人の自動車保険に付帯している弁護士費用特約を利用出来る場合があります。
これが利用できれば、最大300万円まで弁護士費用を保険から支払う事ができますので、依頼人の金銭的負担が軽減されるのが特徴です。
またこの弁護士費用特約を利用しても保険の等級には影響せず、保険料が上がってしまう事もありません。

しかも自身の車に弁護士費用特約がついていない場合でも、ご家族の車やバイクなどについていればそれを利用する事も可能です。
さらに歩行中の自己に関しても利用出来る場合がありますので、事故の際に弁護士への依頼を考えるのなら、弁護士費用特約が自分や家族の車に付いているのかを確認してみましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る