記事の詳細

こちらの動画の相談者さんは車をぶつけて高級車に車をぶつけてしまい、相手にすごまれて、修理代として200万円を支払います。という念書を書かされたということです。この念書というのはいったいどのくらいの効力があるのでしょうか?

弁護士さんの見解によりますと、結論からいいますと効力はあるということです。念書というのも契約書の一種ですので、同じような効力をもっているということです。

こちらの事例の場合では現場のバタバタのなかで書いてくれといわれてかいたものですので、印鑑を押していないので正式な合意ではないと思われるかと被いますが、これは充分に効力があるということです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る