記事の詳細

自動車のレースでドリフトする車がカッコイイと感じた事のある方も多いかもしれませんが、それを公道で真似してしまうと罰則が科せられるそうなので注意しましょう。

タイヤを滑らせて道路の上をスライドしながら走行するというドリフトは、モータースポーツで生まれた技術ですが、公道で行うと道交法の安全運転義務違反になるそうです。

もし複数の車が公道でドリフトを行ったら、道交法の共同危険行為に該当するそうなので、罰則は2年の免許取り消しや25店の違反点数、さらには罰金や懲役が科せられるのだそうです。

公道でのドリフトは衝突や交通事故を引き起こしたり、最悪の場合には人身の被害も考えられる危険な行為ですし、騒音被害が考えられますので、ドリフトはサーキット場でのみ行いましょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る