記事の詳細

近年では、インターネットやSNSの普及により、著作権が軽んじられるような問題が発生していますが、そもそも著作権や著作物とは何なのか知っていますか?

著作物は著作権法によって保護されていて、感情や思想を創作的に表現した物の事であり、人の模写や盗用は著作物として認められていないのだそうです。

契約書や時刻表、料金表などは思想や感情を表現していないので著作物には該当せず、心の中で思っているだけでは著作物ではないのだそうで、原稿用紙や楽譜など何らかの物に表現されている必要がありますよ。

著作物は完成度は問われていないため、草稿やスケッチも著作物として該当するのです。

著作権法は著作権者個人の保護が目的であり、著作者の権利を保護しつつ、文化の発展を支えているのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る