記事の詳細

SNSでなりすまし行為によって被害を被った経験のある方もいるかもしれませんが、被害を被っただけでは違法ではないのだそうです。

なりすまし行為によって、プライバシーの侵害や名誉毀損などをされた場合には、罪に問う事ができると言われていますよ。

名誉毀損をした場合には、その事実に関わらず相手の社会的な評価を下げてしまっているため、罰金や懲役などに処されると言われていますし、損害賠償の責任も発生するのだそうです。

もし、なりすまし行為によって名誉毀損の被害にあったら、名誉を回復するために謝罪広告という謝罪文を出してもらえる場合もあるのだそうです。

名誉に関する不法行為は金銭による解決が一般的だと言われているため、この謝罪広告は例外的な方法なので認められにくいのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る