記事の詳細

近年では、家族に迷惑をかけないように生前整理を行ったり、事前に遺言書を用意しておくという人も多いかもしれませんが、民法が改正された事によって遺言書についても変わる事があるのだそうです。

自筆証書遺言書とは、その名の通り自分で書く遺言の事ですが、日付や氏名、全文を全て自分で書いたり、印まで押さなければ効力がないとされていますが、相続財産の目録が添付する場合には印があれば自筆じゃなくても良いのだそうです。

遺産の目録が多い場合には、目録だけはパソコンなどを使って作成する事も可能になるのだそうですよ。

書いた遺言書を保管しておく際に、紛失するのが怖いという場合には、法務局に遺言書を預けておく事ができるようになったという事ですから、ぜひ利用してみてはいかがでしょう。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る