記事の詳細

普段あまり聞き慣れない言葉ですが、火災保険と大きな関係がある法律として「失火法」が挙げられます。
自宅で火災が発生した場合、その火災が原因で近隣の家屋に被害が及んでしまった場合は刑法によって賠償の責任が科せられます。
しかし火災による事故の場合は、この出火元に重大な過失や故意というような状況でなければ責任を問わなくても構わない、というのが失火法です。

日本は木造住宅が非常に多く、更に密集して立てられている事が珍しくないため、その責任を全て一戸に負わせる事は酷であると考えられた事からこの「失火法」が制定されました。
ただし現実的に周りの住居に対して何の保証もしないというのは難しいことから、損害保険会社が出しているのが「類焼損害補償特約」です。

これは自宅から火災が発生し、隣の家にも燃え移ってしまった場合、この延焼による被害を保証する特約となります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る