記事の詳細

弁護士を選ばなければならないシーンはそんなにあることではないので、良い弁護士を見極めるといわれてもどうすれば良いのか分からない方が殆どだと思います。

弁護士を選ぶ時にはいくつかポイントがあります。
まず第一に、良く話を聞いてくれる弁護士を選ぶようにするといいでしょう。
中には少し話を聞いただけで「こうしましょう」とすぐ決めてしまう弁護士もいますが、本来弁護士の仕事は物事を決めるのに多くの情報を得なければ、依頼人の為になりません。
依頼人からの情報をしっかり聞いてくれる上で、更にその対応にした理由も丁寧に説明してくれる弁護士だと安心です。

それから報酬についてもキチンと説明してくれる弁護士を選びましょう。
現在の弁護士会の規定では、キチンと契約をし、報酬についても事前に細かい説明をしなければならないことになっています。
着手金、報酬金の話をまともにしない弁護士は、弁護士としての前提も出来ていない事になりますから、あまり信頼も出来ないですね。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る