記事の詳細

司法試験に受かると弁護士、裁判官、検察官になる事が出来ますが、裁判官と検察官に関しては最も安定した公務員と言えます。
弁護士に関しては全体で見れば安定して稼げるものの、中には儲けられない弁護士もいるのが事実です。
司法試験は毎年1回しか行なわれず、合格率も2割程度と狭き門ですが、やはり収入面で考えれば非常に恵まれています。

裁判官、検察官については転勤が多かったり、自分で担当する裁判が選べなかったりと、弁護士よりも安定している分、少し仕事の自由度が劣ってしまうのが特徴です。
弁護士は個人事業主という面もありますから、他2つに比べると多少の安定さは失ってしまいますが、自分の力量によって稼ぐ事が出来る事や、自分である程度仕事を選べると言う点が変わってきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る