記事の詳細

弁護士に相談し債務整理を行なった場合、その後債権者からの取りたてや請求は行なわれるのでしょうか?

答えはNOで、弁護士からの「受任通知」を受けている債権者は債務者への自宅へ赴き取りたてを行なったり電話などで連絡をする事は禁止されています。
またこの禁止は規定にも定められており、違反した場合には債権者は厳しい罰則を負わなければならなければなりませんから、債務整理をしていることが分かったら取りたて行為は無くなるのが普通です。

万が一債務整理中に取りたての電話が掛かってきた場合には、「債務整理の手続きをしているから担当弁護士と話をして欲しい」と伝えればいいでしょう。
しかし出来る事なら連絡が来たときの対処法を弁護士に聞いておくのが一番です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る