記事の詳細

交通事故の慰謝料は死亡事故になってしまったかどうか、後遺障害が残ってしまったか、完治しているかというように、その事故の状況に応じて変わってきます。

裁判の基準としては家族の立場によって考えられており、例えばその一家を支えていた大黒柱が事故によって亡くなってしまったという場合には高い慰謝料になる傾向があります。
後遺障害に関してはどの程度の後遺障害が残ってしまったかを示す後遺障害等級によって決められ、等級が高い、つまり重い障害が残ってしまった場合になる程高い慰謝料となります。
また完治可能な怪我の場合には、入院や通院の日数によって慰謝料が細かく定められています。

このように症状によって一定の基準が決められており、そこから被害者の精神的な点を考慮したりしてある程度の変動が行なわれるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る