記事の詳細

借金が膨れ上がってしまいもうどうしようもなくなってしまったという場合には、裁判所に民事再生の申し立てをするという方法があります。

民事再生をすると住宅ローンがある場合には原則そのまま変わらない条件で支払っていく事になり、それ以外の借金については原則4/5が免除、残りの1/5を支払い続けていく事になります。
この制度でこちら側が不利になると言う事はありませんので、借金にお困りの方は是非利用を検討してみてください。

ただしこちらの制度を利用するのには一定の要件が必要になります。
まず安定した継続的な収入があること、今後住宅ローンを支払っていけること、そして3年間の分割で残りの借金も支払っていけるということが条件です。
またその他の条件として、住宅ローンを除く借金の総額が5,000万円を超えていると適用されません。

自己破産では借金の原因によっては通らないことがありますが、民事再生は原因が追及されない点が違いとなります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る