記事の詳細

民法での共有とは、ひとつの物を複数人で共同で所有するという事ですが、それぞれがどのくらいの割合を持っているのかを持ち分という言葉で表す事ができるのです。

3人が同じ土地を同じ割合で共有している場合、維持費の負担割合も持ち分に応じて支払う事になりますが、土地を使用する時にも持ち分に応じて全部を使う事ができるのだそうです。

車の場合にも、3人で共有していたら全てを使う事ができますが、共有している人がそれぞれ別々の目的で使う時に全員で使う事はできないのだそうです。

持ち分に応じて期間ごとに分けて使用したり、誰か一人が使って共有している他の人にはお金を払うという方法もあるとの事ですし、どういう風に使うかは話し合いで決める事になるのだそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る