記事の詳細

遺産相続の話し合いでは、相続人の配偶者が遺産分割について口出しをすると揉めやすいため、相続トラブルに発展しないための知識について知っておきましょう。

個人の財産を分けるためには、遺言書があるなら遺言書のとおりに分ける事になりますが、基本的には相続人全員で遺産分割協議で話し合い、全員の同意が必要なので、一人でも納得できない人がいると話し合いが解決できないのです。

なかなか話し合いが進められなくて、相続人の配偶者が中立的な立場として口出しをするというケースでは、配偶者は他の相続人にとっては利益相反な関係になるため、中立的な立場にはなれないという事を理解しておきましょう。

他の相続人の配偶者までもが遺産分割に口出しをする事になると、さらに状況がこんがらがって遺族同士の泥沼なトラブルに発展する事が考えられるのです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る