記事の詳細

よくドラマなどで見かける共犯者にも、幾つかパターンがありますのでご紹介いたします。

共犯者の関わり方で罪の重さや犯罪のレベルが異なると言われていて、共同正犯とは刑法60条の実際に一緒に犯罪行為を行った人の事であり、例えば二人以上で住居に侵入して窃盗をするようなケースが該当するのです。

教唆犯とは犯罪をやってみたらどうかと他人を唆した人であり、例えば自宅に侵入したり犯罪行為をしていなくても、住居侵入するように唆したら正犯と同じ刑が科せられるそうです。

幇助犯とは犯罪をサポートした人であり、例えば外で見張りをした場合には、犯罪行為をしていなくても実際に実行した正犯の罪から二分の一くらい罪が軽くなるという事ですが従犯になりますよ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る