記事の詳細

検挙数が少ないけど存在していて、あまり知られていない珍しい罪についてご紹介いたします。

外患誘致罪は外国と通謀して日本へ武力行使させようとした場合に死刑になる法律であり、とても重い罪なのです。

外国国章損壊罪は外国に侮辱を与える目的で国旗などを壊す行為であり、法律はありますが検挙数は少ないと言われていますよ。

浄水汚染罪は飲料水などの浄水を汚染して使用できなくしたら違法になるという事ですが、これは井戸水が使われていた頃の法律だという事です。

水利妨害及び出水危険罪は堤防やダムを決壊させたり、水利妨害するという行為であり、これも設備が頑丈じゃない昔に作られた法律だと言われていますが、これ以外の法律も該当する可能性が考えられるそうです。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る